プロミスのような消費者金融の借金、利用者本人が死亡すると支払いはどうなる?

利用者が死亡するとプロミスでの返済の支払いはどうなってしまうのでしょうか。

 

夫や妻、両親、子どもに自分の債務を支払わせるのは心苦しいものがあります。
そういった心の引っ掛かりを感じながらプロミスを利用していくのは窮屈かもしれません。

 

でも心配いりません。
プロミスは利用者本人が亡くなった場合、返済の支払いの義務は放棄できます。

 

利用者が万が一の不幸で亡くなったとしても、債務の支払いで遺族に迷惑をかけることも避けられるということです。

 

ただ、死亡時の支払いの義務が発生するケースもあります。
どういった場合に夫や妻、両親、子どもに返済の支払い義務が生じるかというと、遺産を相続する場合です。

 

実は遺産というのは財産を受け取るだけでなく、債務分の支払い義務も一緒に相続することになります。
なので死亡者の財産を相続したら、プロミスへの支払い義務も一緒に相続することにもなるのです。

 

遺産の相続なが絡むと、債務の支払い義務なども複雑化し、どうすればいいかわからないなんてことも。

 

そういうときは、専門家である弁護士などへの相談などをしておくことがオススメです。

 

なお、プロミスは全額一括返済も受け付けており、夫や妻や両親、子どもに迷惑をかけたくない人は早めに完済してしまうこともできます。

 

プロミスから借り換えて返済していくという選択肢

すでにSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスへの返済義務を相続したという人もいるかもしれません。

 

人が亡くなった時には様々な手続きなどに追われ、返済義務の相続の放棄を忘れてしまっていたなんてこともあるでしょう。

 

プロミスは消費者金融系サービスの中では金利が低いので、返済がそれほど苦しくなければ、そのまま返済していってもよいかもしれません。

 

でも、返済の負担を少しでも減らしたいなら、三菱UFJ銀行『バンクイック』などのより低金利なカードローンへの借り換えもオススメです。

 

プロミスも金利は低いですが、銀行のカードローンはより低金利で返済が楽になることでしょう。

 

プロミス在籍確認TOP

関連ページ

プロミスの返済方法について解説!一括返済は可能?返済が遅れたらどうなる?
この記事ではプロミスの返済方法など、返済に関する解説を記載しております。複数ある返済方法や一括返済、返済の遅れなどについて解説しておりますので、気になる方はぜひご参照ください。
プロミスで滞納・延滞したら生じる4つのデメリット
プロミスで滞納・延滞したときに生じる4つのデメリットについて紹介します。結論から言えば、プロミスの延滞・滞納をすることは極力避けた方が、後々の面倒なことを回避できるためおすすめです。
プロミスからの督促状を無視して起こった4つの悲劇
プロミスからの督促状を無視してしまった場合、どのような事態に陥るのでしょうか?当記事では、プロミスからの督促状を無視したことによって起こった、4つの出来事を紹介します。
時効援用でプロミスの借金を無かったことにしたい!弁護士に相談すべき?
プロミスの利用中に、時効援用を行う場合について解説します。プロミスのへ借金が返済できず、時効援用を行おうとした場合、弁護士に相談すべきかどうか等、メリット・デメリットを踏まえて対処法を紹介していきます。