日々アルバイトを頑張っている人こそ、プロミスのようなサービスでお金を借りたいと思うシーンは多いものです。
でも、「ご利用には審査がある」ので、バイトの自分は審査に通れるだろうか?と不安な人も多いでしょう。

 

結論から言うと、アルバイトでもプロミスの審査に通過することは十分可能です!
ただ、在籍確認はどうなるの?
アルバイト学生でも大丈夫?

など疑問は尽きないと思うので、このページではアルバイトの人がプロミスで借りる時の注意点などを詳しく解説していきます。

 

ぜひ参考にしてみてください。

プロミスはアルバイトでも借入できる

プロミスの審査を受ける前にまず確認すべきなのは、

・20歳以上69歳以下である
・自身に安定した収入がある

という条件をクリアしているかどうか。

 

この2つはあくまで「申し込み条件」なので、満たしていないと審査落ちとなるのはもちろん、満たしていても審査通過が確定するわけではありません。

 

「安定した収入」というのが具体的にいくらぐらいなのか気になるところですが、これについては非公開です。
ただ、正社員である必要はなく、アルバイトでもパートでもOK
プロミスの公式サイトにも、そのことはしっかり明記されているのでご安心ください。

 

たしかに、審査の年収や雇用形態などがチェック項目に含まれて、やはり正社員に比べてアルバイトが多少不利である点は事実です。
でも、アルバイトパートであることが理由で審査落ちになることはないので、諦める必要はありません。

 

目安としては、
6ヶ月以上継続して10万円前後の収入があれば、希望限度額を抑えることで審査通過の可能性が高まります。
正社員でなくても1年以上の勤続で年収200万近くあれば、50万円までの限度額の審査にトライしてみてもよいでしょう。

 

信用情報などからも判断されるので、上記に当てはまれば必ず審査に通るとは言えませんが、参考にしてみてください。

プロミスは学生でもアルバイトをしていればOK

プロミスを含めた多くの消費者金融カードローンは、アルバイトでも審査に通れば借り入れができます。
ですが、学生は利用できないとしていることも多く、大学生や専門学生にとっては不安が残るところです。

 

プロミスの場合、学生でも上記の条件を満たせば、審査に通過できる可能性があります。

未成年はそもそも利用対象外なので、20歳未満の学生はどれだけ収入があっても審査にはとおりません

 

ここでのポイントもやはり、アルバイトなどによる「安定した収入」があるかどうか。
単発のバイトをたまにするぐらいだと審査に通る可能性は低いですが、コンスタントに毎月一定の収入があれば、学生でも審査に通過できます。

プロミスに申し込みたい学生アルバイトの人は、最低3ヵ月以上(できれば6ヶ月以上)、10万円前後の収入をキープしている状態を目指しましょう!

アルバイトは審査に通りにくい?

プロミスはアルバイトでも申し込めるとはいえ、「申し込める」と「審査に通過できる(利用できる)」は別の話。
申し込んでも審査落ちになって借りられなければ、意味がありません。

 

アルバイトだと審査に落ちやすいんじゃないか?という不安もあるでしょう。

 

同じように「アルバイトによる収入」があっても、審査に通りやすい人とそうでない人がいます。
たとえば以下の項目にあてはまる人は、あまり審査を不安がる必要はありません。

・勤続年数が長い(6ヶ月以上)

・他社からの借り入れが少ない(2社以下)
・アルバイトだけれど収入が多め(10万円以上)
・借入希望額が少なめ(10万~30万)
・クレカやスマホ料金の支払いの滞納がない

 

また、バイトを掛け持ちしている人はプロミスの申し込み時に、
・すべてのバイト収入を合算する
・勤続年数は最も長いバイト先のものにする

といった工夫をすると、審査に通りやすくなるでしょう。
ただし当然ですが、嘘はやめてください。
金融サービスに申し込んだ個人情報は保護されるものの、情報機関によって管理・共有はされるので、思わぬかたちでバレることがほとんどです。

 

他社からの借り入れについても、当然、件数や金額が少ないほうが有利です。
あと少しで完済できるような借り入れがあるなら、先にそちらを片付けてから申し込みましょう。

 

そして最重要なのが、赤字で書いた滞納がないかという点。
審査の際には、個人情報を管理する信用情報機関(プロミスの場合はCIC)から情報提供を受け、クレジットヒストリー(分割などの利用履歴)をチェックされます。

 

最近までこれに当てはまっていた人は、まず審査に通ることはできません。
解消して半年ほど時間がたってから申し込みましょう。

 

スマホ料金やクレカ支払いの遅れ・未払いなどが落とし穴となるケースはとても多いので、この点はしっかりクリアしておいてください。

アルバイト先にも在籍確認の電話はかかってくる

プロミスなどの融資サービスに申し込みをすると、勤務先に在籍確認の電話がかかってくることをご存知の人も多いでしょう。
同僚にバレるのではないかと不安になる人も多いこの在籍確認については、当サイトのTOPでも厚めに解説しています。

 

そんな在籍確認の電話は、アルバイト先にもかかってきます。
バイトやパートだから在籍確認が省略される、ということはありません。

 

むしろ正社員より安定性を欠くバイトだからこそ、この確認はしっかり行われるでしょう。

 

とはいえ、プロミスはコールセンターの品質で消費者金融イチを誇っており、オリコンのノンバンクカードローンランキングでも2020年の満足度No1に輝いています。

ナンバーワン!

非通知で連絡し、名乗るのは個人名なので、プロミスへの申し込みがバレることはないでしょう。

 

このあとは具体的な在籍確認のやりとりを解説しますが、サイトTOPでは、例外的に在籍確認の電話をなしにする方法も解説しているので、よければ参考にしてみてください

 

プロミスからバイト先への在籍確認のやりとり

すでに説明した通り、

・アルバイト先にも在籍確認の電話はかかってきます
・でも非通知&個人名なので、プロミスだとバレることはありません
・さらにプロミスのオペレーターの品質は消費者金融No1です

 

以上をふまえて、プロミスからバイト先に在籍確認の電話があった場合の、具体的なやりとりを見ていきましょう。

 

通常「佐藤(プロミスの担当者の苗字)と申しますが、△△さんはいらっしゃいますか?」という形でかかってきます。
自分で応対できた場合は、本人確認や申し込みの意思確認をとり、数分で終了です。
申し込み情報に不備がなければ1分かからないこともあります。

 

では、自分が電話に出られなかった場合はどうなるのでしょうか。

 

この点も心配いりません。
本人が電話に出られなくても、電話を取った人が「△△はただいま席を外しています」など、職場に在籍していることが分かる受け答えをすれば、在籍確認は完了します。

 

プロミス利用者のなかで「在籍確認がなかった」という声の多くが、実は上記のパターン。
気づかぬうちに在籍確認が終わっていたということなのです。

 

ですから、さほど心配する必要はありません♪

アルバイトがプロミスで借りられる限度額

アルバイトだとプロミスでどのくらい借り入れができるのか、気になるところではないでしょうか。

 

まず借り入れの基本として、プロミスは消費者金融なので総量規制の対象になります。

総量規制…年収の3分の1までしか借り入れができない決まり

年収90万円なら借り入れ上限は30万円なので、もしすでに他社から10万円借りている場合は、プロミスからは20万円までしか借りられません。

 

まずは自分の年収から、ポテンシャルを判断しておくようにしましょう。

 

それを踏まえると、バイトやパートの人の限度額としては、最大50万円が一般的です。
これを超える限度額を希望する際には、年収を証明する書類の提出を求められるなど、審査のハードルが一段階アップします。
審査通過の確率を上げたいなら限度額はあまりこだわらず、最低限の金額にとどめるのがおススメです。

 

プロミス在籍確認TOP