このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスを会社への電話連絡なしで利用する方法

会社への電話連絡なしで在籍確認するには

 

プロミスに限らず、法律に従って運営している健全な消費者金融や銀行では、ローン審査の際に必ず、在籍確認を行います。

 

当然ですが、収入のない人にお金を貸すことはできません。
収入源があるか、つまり勤務先に本当に在籍しているかを確認する手続きは、審査通過のためには欠かせないステップなのです。

 

その在籍確認の方法として主流なのが、「申込者の勤務先に直接電話して在籍を確認する」というもの。
ごまかしが利かないうえに、すぐに済ませることができるためです。

 

しかし人によっては、この会社・職場に電話されることに、抵抗や不安を感じることも。

 

プロミスの利用がバレるわけにはいかないのはもちろんのこと、
自分あてに電話があること自体が不自然という人もいるでしょう。

 

プロミスでは、在籍確認なしにすることはできませんが、会社への電話連絡をなしにすることは不可能ではありません。

 

電話連絡以外に在籍確認する手段があり、プロミスが例外として認めてくれれば、です。

 

ここからは、その方法を解説します。

 

プライバシーを守りつつお金を借りたい人の多くは、
「電話連絡なし、郵便物なしのSMBCモビットのWEB完結」を利用することが多いですが、プロミスにも、それに近い手段はあります。
SMBCモビットほどの確実性はありませんが、プロミスはSMBCモビットより若干低金利でお得に利用できるので、検討する価値はあるでしょう。

では、プロミスの在籍確認で会社への電話連絡をなしにする方法をご覧ください!

 

プロミスの在籍確認で会社への電話連絡なしにするための要素

 

プロミスの在籍確認では、3つの要素を抜かりなくクリアすることで、会社への電話連絡なしにできる可能性があります。

 

その3つの要素がこちらです。

・書類
・事情
・申し込み方

それぞれ詳しく解説していきます。

 

プロミスに提出する書類

繰り返しになりますが、みなさんが不安に感じているのは在籍確認があることではなく、在籍確認と称して会社に電話をかけられることのはずです。
つまり、電話連絡以外の方法で在籍確認を完了させられれば、みなさんもプロミスも、双方が満足できます。

 

では、電話連絡以外の方法とはなにか。
「書類による在籍確認」です。

 

実は、SMBCモビットのWEB完結でも、書類による在籍確認が行われています。
だから会社への電話連絡なしで契約まで進めることができるというわけですね。

 

そして、何を隠そう株式会社SMBCモビットは、プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスの子会社です。

 

子会社にあるノウハウが、親会社にないはずありません。

 

ということで、プロミスの在籍確認で会社への電話連絡をなしにするためには、SMBCモビットが在籍確認のために利用する書類を用意する必要があります。

 

具体的には、

・本人確認書類
社会保険証または組合保険証

です。

 

免許証やパスポートといった本人確認書類が必要なのは通常と同じですが、重要なのは2つ目。
社会保険証(全国健康保険協会発行の保険証)や組合保険証を持っていることです。

 

これらを用意するには、社員や職員といった資格を有していなければなりません。
つまり、この書類を提出できる人は、実際に会社や職場に在籍している人というわけです。

 

場合によってはプロミスから、社名が確認できる給与明細などの提出も追加で依頼されることがありますが、充分な書類が用意できれば、プロミスから会社への電話連絡を回避できる可能性は十分にあります。

 

プロミスに伝える事情

続いて必要なのは、在籍確認を書類で行う必要があると、プロミスに理解してもらえるだけの事情を伝えることです。

 

単純に「会社に電話連絡されたくない」というだけでは、プロミスもすんなり納得はしてくれません。
隠し事ややましいことがあるのではと、疑われてしまうでしょう。

 

決して自分から書類での在籍確認を希望するのではなく、
プロミスに、会社への電話連絡が不都合であるとわかってもらうことが重要です。

 

「会社で、自分あてに電話がかかることはなく、たとえ個人名であっても怪しまれる。」
「外部から電話がかかってくるような職場環境ではない。」

 

ということを、丁寧かつ切実に伝えましょう。

 

「それでは次のような書類のご用意はできますか?」というセリフを引き出すことができれば、この要素はクリアです。

 

プロミスへの申し込み方

プロミスの在籍確認を会社への電話連絡なしで突破するための要素3つ目は、申し込み方を間違えないことです。

 

スマホやPCからプロミスのWeb申し込みをする際、名前や勤務先を入力するフォームは2パターン存在します。

 

「カンタン入力」と「フル入力(一般入力)」です。

 

フル入力のほうが、必要な情報をすべて満たせるので、要望に応えてもらえそうな気がしますが、ここで選ぶべきは「カンタン入力」のほうなので注意が必要です。

 

フル入力で申し込むとプロミスが必要とする情報がすべて伝わるので、どんどん審査が進んでいき、順調に項目を突破していった場合はプロミスから会社へいきなり電話連絡が入る可能性があります。

 

一方、カンタン入力なら、在籍確認前に本人に電話で確認しなければいけないことがあるので、会社ではなく手元の電話あてに、プロミスからの連絡が入るのです。
ここが、先ほどの「事情」を伝えるタイミングとなります。

 

なお、申し込み直後にプロミスからかかってくるこの電話では、在籍確認の電話を会社に入れるタイミングや呼び出し方なども相談することができます。
「役職で呼び出してもらえるなら何とかなる」
「誰もいないタイミングでかけてもらえれば安心」

という人も、この方法で、安全な在籍確認を完了させることが可能です。

 

在籍確認に不安がない人は、スピーディーに審査が進むフル入力で申し込んだほうが良いですが、
会社へ電話連絡する前にプロミスに要望を伝えたい人は、必ずカンタン入力で申し込むことを忘れないようにしましょう。

 

プロミスの公式サイト

(カンタン入力はの黄色のボタンです)

 

プロミスからの郵送物もなしにしたい場合

上記の要素を満たしてプロミスの在籍確認を無事にクリアすれば、会社の人にプロミスの利用がバレることはないでしょう。
しかし中には、家族や同居人にバレるのもまずいという人もいるかもしれません。

 

ローンカードや利用明細書が自宅に郵送されてくると、家族バレや知人バレの危険性が一気に増しますが、プロミスではこの対策もできます。

 

それは、Web申し込みからの契約の際、
返済方法を口フリ(口座振替)にしたうえで、カード不要を選択するだけです。

 

そうすれば、Web明細をスマホで確認、カードもなしでプロミスを利用でき、周囲の人にバレる危険性はありません。

 

※口フリを利用するには、対象の銀行口座がある金融機関にて、本人確認の手続きが完了している必要があります。
対象なのは三井住友銀行やゆうちょ銀行など。その他の金融機関はプロミスの公式サイトで確認できます。

 

最後に

ここまで、プロミスの在籍確認を会社への電話連絡なしで行う方法を解説しましたが、最後に改めて、理解してほしいことがあります。

 

プロミスが在籍確認を会社への電話連絡以外で行うのは、あくまでも、プロミスが例外として認めた場合のみです。

 

上記の方法は、実際の利用者の口コミやオペレーターへの聞き込みから判明したものですが、プロミスの公式サイトで案内はされていないため、確実な方法だと約束することはできません。

 

審査状況や担当者の判断によっては、原則である会社への電話連絡による在籍確認が行われることが普通なので、そのことを理解したうえでプロミスと交渉してみましょう。

 

仮に会社への電話連絡があったとしても、当サイトのTOP「プロミスの在籍確認」で解説しているようにプライバシーへの配慮は十分になされているので、過度に不安視する必要はないでしょう。

 

何はともあれ、みなさんが無事にプロミスの在籍確認をクリアできることを願っています!