このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスの振込キャッシングサービス「瞬フリ」

プロミスの瞬フリとは

 

最近の大手消費者金融は審査は最短30分、即日融資は当たり前でとにかく早いのが特徴です。
その中でも、プロミスは、審査が早く終わるだけでなく、瞬フリという振込キャッシングが強みの消費者金融になっています。

 

この瞬フリというサービスは、たとえ深夜であっても「最短10秒」という、圧倒的な早さでの融資が可能です。
プロミスの瞬フリは、他社と比べても圧倒的で、消費者金融業界で最も早い融資システムと言えるでしょう。

 

今回はこの瞬フリというサービスについて解説します。

瞬フリとは

 

瞬フリとはプロミスの会員が利用できる、融資振込サービスです。
インターネットから申請することで、指定した口座に振込で融資を受けられます。
24時間、スマホ1台でどこからでも利用が可能で、手数料も無料です。

 

何より特徴的なのは融資の速さで、申し込みから最短10秒で登録した口座にお金が振り込まれます。

 

目次に戻る

瞬フリの使い方

瞬フリの使い方
プロミスの瞬フリを利用するための条件は以下の通りです。

 

・プロミスの審査に通っていること
・銀行口座を持っていること

 

まずプロミスのサービスを利用するためのは、審査に通らなければなりません。
審査については、こちらの記事で紹介しているので、参考にしてみてくださいね。

 

銀行口座について

以前は三井住友銀行と、ジャパンネット銀行以外だと瞬フリを利用できる時間が限られていましたが、現在では、

・ゆうちょ銀行
・ジャパンネット銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行

を始め、約200の金融機関の口座が24時間利用できるようになりました。

 

自分がもっている口座が対応しているか知りたい場合、公式サイトにある、「金融機関別振込実施時間検索」で調べてみましょう。
システムメンテナンスの時間も記載されているので、参考にしてください。

 

この情報が更新されていないサイトでは、当時の情報のまま記載されている場合があるので、注意してください。

振込方法

瞬フリの振込方法は以下の3つです。

 

・インターネットでの利用
・店頭窓口での利用
・電話での利用

 

では、それぞれの利用の流れを解説します。

Webでの利用

瞬フリのメリットを最大限活用するには、やはりWebでの利用方法です。
特にスマホからの申し込みなら、どこにいても、必要な時に融資を受けることができます。

 

ただ、他の利用方法と違い、インターネットでの利用はオペレーターに案内してもらうことができないため、こちらで利用の流れを解説します。

 

※スマホでの申し込みと仮定して解説します。

プロミスのWebサイトで会員ログイン

画面を下にスクロールし、「振込先口座登録・変更」から振込先口座を登録

「振込先口座登録・変更」で振込名義人「プロミス」か「パルセンター」に設定

ログイン画面に戻り、「振込キャッシングお申し込み」をタップ

「振込希望額」を入力し、実行をタップ

 

以上で終了です。

 

振込名義は口座登録の際に設定した「プロミス」もしくは「パルセンター」となります。

 

家族に通帳や口座の履歴を見られたときに、プロミスからお金を借りているのがバレたくないという人は、「パルセンター」で登録すると良いでしょう。

 

電話での利用

 

利用方法は、まずコールセンター(0120-24-0365)に電話します。
電話がつながったら、オペレーターに瞬フリを利用したいと伝え、案内にしたがってください。
振込先の口座情報を忘れずに準備しましょう。

 

電話の受付時間は平日の9:00〜18:00で、土日祝日は受け付けていません。

 

Webでの利用と比べると時間が限られているため、不便に感じるかもしれません。
しかし、電話での利用は、オペレーターと直接会話ができるので、不明な点を質問したり、相談したりできます。
Webでの利用の場合は、オペレーターと話すことはできないため、これは大きなメリットです。

 

その他にはガラケーを使用している人も電話での利用が便利です。

 

また最近は少なくなっていますが、自宅にネット環境がないという人がいるかもしれません。
そういった人も、電話での利用の方が適しているといえるでしょう。

店頭窓口での利用

最後に店頭窓口での利用です。
「お客様サービスプラザ」という店頭窓口で瞬フリの利用ができます。
瞬フリを利用したいことを伝えたら、後はスタッフの案内にしたがって瞬フリの利用ができます。

 

店頭窓口の営業時間は平日の10:00〜18:00です。
土日祝日は店頭窓口は営業してません。

 

自動契約機が各地に多数あるのに対し、店頭窓口は全国に17店舗しかありません。
家が近くの人はそこまで大きな負担はありませんが、そうでない人にとっては時間がかかり、場合によっては交通費もかかるため非常に不便です。
また営業時間が限られているのも注意が必要です。

 

Webでの利用の方が負担は軽く済みますし、プロミスの担当者と相談しながら融資を受けたいなら、電話で事足りることが多いので、あえて店頭窓口を利用するメリットはないように思います。

 

しかし、直接担当者に会って話を聞きたいという人もいます。
そういった人には適した利用方法であるといえるでしょう。

 

また、初めての利用で不安があり電話で話すのが苦手な人は、店頭窓口での利用を検討するのも良いかもしれません。

 

店頭窓口で瞬フリ利用するときも振込先の口座情報を忘れず持っていきましょう。

 

ちなみに、返済方法は、他の借入方法と同様の5つになります。

・インターネット返済
・口フリ(口座振替)
・店頭窓口
・プロミスATM
・提携ATM

 

目次に戻る

瞬フリのメリット

瞬フリのメリット
ここまででも、瞬フリのメリットについても少し触れてきましたが、改めてメリットについてまとめました。
瞬フリには、

・申し込みから振込まで最短10秒で完了
・振込手数料が無料
・ネット申し込みだからカードが必要ない
・口座に振り込まれるので、引き落とし日に役立つ
・デビットカードとの併用でクレジットカードのように買い物ができる

といったメリットがあります。

 

では、それぞれ詳しく解説していきます。

 

申し込みから振込みまで最短10秒で完了

申し込みから最短10秒で振込ができるのは、プロミスの瞬フリの最大のメリットといえます。
家にいるときや、通勤中に、スマホひとつで申し込みができるので、借入するためにわざわざATMに行く必要もなく、効率的に借り入れができます。

 

現状、プロミスの瞬フリよりも早く振込キャッシングができる消費者金融はないでしょう。

振込手数料が無料

家の近くにプロミスのATMがない人や、三井住友銀行を利用していない人は、ATMで借入をすると手数料が発生してしまいます。

 

しかし、瞬フリを利用すれば、24時間365日、いつでも振込手数料がかかりません。
瞬フリで振込がされたら、自分の利用している銀行のATMで引き出せば、手数料をかけることなく、出金できるのです。

 

確かに、ATMを使った借入方法なら、最小限の時間で借入ができます。
しかし、瞬フリを使っても10秒しか時間が変わりません。
それに加えて、手数料を節約できるので、瞬フリならお得に借入ができるでしょう。

ネット申し込みだからカードが必要ない

瞬フリはインターネットからの申し込みなので、カードが必要ありません。

 

ATMから借入をすると、ローンカードを使う必要があるので、一緒にいる友人や家族に見られてしまう可能性があります。

 

しかし、瞬フリなら、振り込まれたお金は銀行口座から引き落とすため、急な飲み会や家族と出かける際にプロミスを利用していることが気づかれにくいです。

 

口座に振り込まれるので、引き落とし日に役立つ

瞬フリは口座に振り込まれるため、口座引き落とし日の前日にも役立ちます。

 

たとえば夜中に「明日は携帯電話利用料金の口座引き落とし日だ」というのを思い出したとします。
しかし口座にはお金は不足していてこのままだと残高不足で引き落としができません。
だからといって、夜中に近くのコンビニまで行って現金を預けるのも少々面倒ですし、手数料も掛かってしまいます。

 

そんな時に瞬フリを利用すれば、自宅にいながら引き落とし口座に現金を振り込んでもらうことができるのです。

 

デビットカードとの併用でクレジットカードのように買い物ができる

デビットカードとして利用できる口座に振り込んでもらえば、そのままデビットカードでお店やネットでお買い物できます。

 

例えば自宅でネットショッピングしている際に、デビットカードで購入しようとしたけどお金が少し足りない、という時に活用できます。

 

また、瞬フリを利用したその場で買い物をして翌月に支払いをするという、クレジットカードのような使い方ができて非常に便利です。

 

ここにあげた利用方法はあくまで一例で、他にも様々な使い方が可能です。

 

目次に戻る

瞬フリの利用上の注意点

 

非常に便利な瞬フリですが、いくつか注意も必要です。

 

借りすぎてしまう

 

簡単に利用できてしまう瞬フリですが、その「簡単に」というところに注意が必要です。
あまりにも簡単に利用できてしまうため、つい借りすぎてしまうということがあります。

 

借りすぎても、返済できるのであればまだ良いですが、返済が滞ってしまうと問題です。

 

延滞してしまうと信用情報に傷がついてしまいます。それがさらに続くと金融ブラックとして、「個人信用情報機関」に名前が残ってしまい、ローンを組むことが難しくなります。
さらに滞納してしまうと、借りていたお金を一括請求ということにもなりかねません。

 

くれぐれも借りすぎには注意してください。

 

ATMでの返済は面倒

 

瞬フリを利用していてカードレス契約の人でも、スマホのQRコードを利用することにより、ATMでの返済が可能です。
しかし、プロミスのATMのほかには、対応しているATMはセブン銀行しかありません。
そのため近くにセブン銀行がない人は返済が不便になります。

 

そんな人は、ATMでの返済ではなく、口フリを利用すれば、払い忘れることもなく、自動で返済ができます。

 

借入のキャンセルができない

 

瞬フリはすぐに振り込まれるという良さがある反面、一度利用申請するとキャンセルができません。
申請してからのタイムラグがほとんどないため、キャンセルしている時間がないからです。
そのため借入したい金額の桁を間違えると大変なことになります。

 

3万円でよかったのに、入力をまちがえて30万円振り込まれてしまったという事が起きると30万円分の利息を支払う羽目になってしまいます。

 

くれぐれも入力の際は、借入額を間違えないように注意しましょう。

 

目次に戻る

瞬フリで振り込まれない原因は?

瞬フリができない原因
これまで説明したとおり、プロミスの瞬フリを利用すると、最短10秒で融資を受けられるサービスですが、利用する人の中には、振込されなかったという人もいるようです。

 

瞬フリが利用できなかった原因として、

・メンテナンス中である
・口座番号の記入ミス
・プロミスの利用限度額分借りてしまっている

といったことが考えられます。

 

それでは、詳しく見ていきましょう。

メンテナンス中である

瞬フリは24時間365日利用可能ですが、下記の時間帯は振込予約になります。

曜日 受付時間 振込実施時間
毎週土曜日 23:30〜24:00 翌日8:45〜9:30頃
毎週日曜日 0:00〜4:00 当日8:45〜9:30頃
18:50〜24:00 翌日8:45〜9:30頃
毎週月曜日 7:00〜8:00 当日8:45〜9:30頃

 

毎週月曜日の0:00〜7:00は振込を受け付けていません。
この表の時間に申し込むと、振込に時間がかかってしまいます。

 

また、銀行によっては、振込実施時間が変わる場合もあるので、こちらで調べてみましょう。

口座番号の記入ミス

振込口座の口座番号の記入ミスによって、瞬フリが振り込まれないことがあります。
特に、複数の銀行口座のを持っている人は、自分が振り込んでほしかった口座ではなく、別の口座に振り込まれていた、ということもあります。

 

プロミスの公式サイトから、振込先の口座が確認できるので、事前に振込先に誤りがないか確認しましょう。

プロミスの利用限度額分を借りている

当然ですが、限度額以上借入ができない状態では、瞬フリの利用はできません。
そのため、借入分を返済するか、増額の申し込みをしましょう。

 

ただし、増額は審査があることもあり、時間がかかってしまいますし、今の返済が終わっていないのに、さらに借入をすると今後の返済が苦しくなってしまいます。
そのため、まずは借入金を返済していくと良いのではないでしょうか。

 

目次に戻る

 

プロミスの瞬フリの解説は以上です。

 

これまで説明したとおり、プロミスの瞬フリは、最短10秒という圧倒的な早さで振込ができるサービスです。

 

他の消費者金融でも、ここまで早いサービスはありません。

 

ちなみに、プロミスには、自動引落としで返済をする口フリと、現在は利用できませんが、代フリという似た名前のサービスがあります。

 

代フリはなくなってしまいましたが、口フリは、今でも使える便利なサービスなので、プロミスに申し込んだら使ってみるのも良いと思います。

 

プロミス在籍確認TOP