このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミス即日融資は何時までなら借りれる?今日借りる方法

eyecatch

今日、今すぐにお金が必要だという事態って、意外と頻繁に起こりうることですよね。

 

でも、そんな時に限って口座にはお金がない! ということが多いもの。

 

そのようなときに便利なのは、やはりカードローンではないでしょうか。

 

そこでこちらでは、プロミス即日融資を受ける方法や、即日融資を受けるためには何時までに申し込みを済ませればよいのかなどについてお話していきましょう。

プロミスで即日融資を受ける方法は?

eyecatch

まず最初に、プロミスで即日融資を受ける方法を具体的にお話していきます。

 

【プロミス申し込み方法別即日融資可否】

申し込み方法 契約方法 可否

ネット

来店
WEB

カードあり
(郵送)

カードなし
(WEB完結)

プロミスコール

来店
郵送 ×
郵送 ×
店頭窓口
自動契約機

 

↑プロミスには様々な申し込み方法がありますが、それらの方法別に、即日融資が可能かどうかを簡単な表にまとめてみました。

 

・パソコンやスマートフォンなどから申し込みをして、インターネット会員サービスの振込キャッシングで融資を受ける

 

・パソコンやスマートフォンなどから申し込みをして、来店(店頭または自動契約機)で契約してローンカードを受け取る

 

・プロミスコール(電話)で申し込みをして、来店(店頭または自動契約機)で契約してローンカードを受け取る

 

・店頭窓口(お客様サービスプラザ)で申し込みをして、契約とローンカードの受け取りをする

 

・自動契約機で申し込みをして、契約とローンカードの受け取りをする

 

上記の方法で即日融資が可能ということになります。

 

ローンカードを使って借り入れを行う場合、郵送でカードが送られてくるのを待っていると、発送に最短1日かかってしまうので、即日融資はできません。

 

したがって、基本的には当日中に来店しカードを受け取る形となりますが、ネット申し込みであれば、インターネット会員サービスの振込キャッシングで融資が受けられます。

 

上記以外の方法で申し込み、契約をした場合には、即日融資が受けられないため注意しましょう。

 

また、上記の方法でも早朝や夜遅くの申し込みなどの場合、時間帯によっては即日融資が受けられないこともあります。

 

これから、即日融資が受けられる「時間」についても、詳しくお話していきます。

 

目次に戻る

 

プロミスで即日融資を受けるには何時までに申し込めばいいの?

eyecatch

プロミスで即日融資を受ける方法を説明しましたが、今度は、何時までに申し込みをすれば良いのかというところまでお話します。

 

プロミスで即日融資を受けるには何時までに申し込む必要がある?

何時までに申し込めば即日融資が受けられるか、申し込み方法によって変わって来ます。

 

これから申し込み方法別に、即日融資が受けられる時間帯について解説します。

 

もちろん、審査に時間を要してしまうこともあるので、必ずしも当日中に融資を受けられるという訳ではありません。

 

ネット申し込みの振込キャッシングの場合、振込先の銀行によって異なる

ネット申し込みをして振込キャッシングを利用する場合、振込先の銀行によって、即日融資が可能な時間帯が変わってきます。

 

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の場合は「瞬フリ」というサービスが利用できます。

 

「瞬フリ」では原則土日祝問わず、受付完了から10秒程度で振り込みが実施されます。

 

もちろん、これは振込が実施できる時間帯なので、申し込みはこれに間に合うよう逆算して、余裕をもってキャッシング契約を完了させることが必要となります。

 

以下に、銀行別で振込融資が可能な時間帯を表にまとめてみました。

 

【三井住友銀行の場合】

曜日 受付時間 振込実施時間
月〜金 0〜24時

瞬フリ

受付完了から約10秒

土日祝

※ 毎週日曜21時〜翌月曜日、元日は終日サービス停止します。

 

【ジャパンネット銀行の場合】

曜日 受付時間 振込実施時間
月〜金 0〜24時

瞬フリ

受付完了から約10秒

土日祝

※ 毎週月曜0〜7時、元日は終日サービス停止します。

 

【その他銀行の場合】

曜日 受付時間 振込実施時間
月〜金 0〜9時 当日9時半頃
9時〜14時50分

振込キャッシング

受付完了から約10秒

14時50分〜24時 翌営業日9時半頃
土日祝 0〜24時

※ 毎週月曜0〜7時、元日は終日サービス停止します。

 

これらの点をまとめると......

 

・三井住友銀行、ジャパンネット銀行を振込先に設定する場合、24時間いつでも振込キャッシングが可能。

 

・上記以外の銀行を振込先に設定する場合、14時50分までに振込手続きを済ませる必要がある。

 

以上の点に注意して申し込みすることが必要だといえます。

 

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座を持っていない人が即日融資を受ける場合、午前中のうちに申し込みを済ませ、できるだけ早く契約を完了させるのがベストでしょうか。

 

口座を持っている場合でも、夕方くらいまでには申し込みしておきましょう。
たとえ、瞬フリで24時間365日振り込みが可能でも、肝心のプロミスとの契約が完了していなければ振込できませんからね。

 

繰り返しになってしまいますが、審査に時間を要してしまうこともあるので、余裕をもって申し込みを行うことが大切です。

 

来店してカードを受け取る場合、営業時間に気を付けよう

振込キャッシング以外にも、ローンカードを当日中に受け取ることで即日融資を受ける方法があります。

 

当然ですが、この場合は店舗(自動契約機)の営業時間にカードの受け取りが間に合うように、申し込みすることが必要となります。

 

【プロミス店舗別受付時間】

店頭窓口 平日10〜18時
自動契約機 9〜22時(土日祝含む)

三井住友銀行ローン契約機※

9〜21時(土日祝含む)

※三井住友銀行のローン契約機からは申し込みできませんが、カードを受け取ることは可能です。
※一部、ローン契約機が設置されていない店舗があります。また、一部店舗では受付時間が異なります。
※12月31日については、受付時間が変更となる場合があります。

 

↑プロミスの店舗別受付時間です。
この時間帯以外では、カードを受け取ることができません。

 

こちらもまとめておくと......

 

・店頭窓口でカードを受け取る場合、平日の10時〜18時の間に受け取りができるようにする。

 

・自動契約機でカードを受け取る場合、9時〜22時の間に受け取りができるようにする。

 

当日中にカードを受け取りたい場合、以上の点に注意して申し込みをすれば間違いないでしょう。

 

これは、事前にネットやプロミスコールで申し込みしておく場合も、店舗で申し込みをする場合も同様です。

 

「在籍確認」で審査に時間がかかるケースも

即日融資を受ける方法を解説してきましたが、審査に1日以上時間がかかってしまったら、残念ながら申し込みした当日に借り入れをすることはできません。

 

申し込みフォームに基づいた審査に限れば、審査が何時間も長引くとは考えづらいですが、書類不備で再確認が必要となってしまった場合や、「在籍確認が取れなかった場合」はそういったことが起こりえます。

 

特に土日は在籍確認が取れない可能性が高い

「在籍確認」とは、プロミスが申し込みフォームに記載のあった勤務先に電話をかけることによって、勤務先情報に虚偽がないかを確認する作業のことを言います。

 

(プロミスの在籍確認について詳しく知りたい方は、こちらのページを参照ください。)

 

勤務先への電話は1分もかからず終わるような内容ですが、電話がつながる必要がある以上、勤務先の会社が営業していないと在籍確認はとれませんよね。

 

ですので、自身の勤務先が土日に営業をしていない場合、土日に即日融資を受けるのはどうしても難しくなります。

 

もしこういったケースにあてはまっていて、どうしても土日に即日融資を受けたいという方は、事前にプロミスへ問い合わせしてみましょう。

 

もちろん例外的なケースですが、事情を考慮し、在籍確認を後回しにする等の対応をとってもらえるかもしれません。

 

目次に戻る

 

プロミスで即日融資を受ける場合、何時までに自動契約機で手続きをすれば良い?

eyecatch

プロミスの申し込み方法のうち、比較的融資までがスピーディーで長時間申し込みの受付をしているのが、自動契約機での契約でしょう。

 

自動契約機は平日・休日ともに9時〜22時まで営業しているため、仕事帰りなどでも寄ることができそうですよね。
ただし、店舗によっては営業時間が異なる可能性もありますから、事前に調べておくことをおすすめします。

 

自動契約機での申し込みなら、最短30分で手続きが完了します。

 

これはあくまでも最短の場合ですから、時間には余裕をもって足を運びましょう。
できれば、20時くらいまでに申し込みを開始しておいた方が安全だといえます。

 

自動契約機で遅い時間に申し込みをした場合、審査状況や在籍確認の状況などにより、即日融資を受けられない可能性も考えられます。
スムーズに融資を受けるなら、在籍確認が間違いなく取れる時間帯にするのが良いでしょう。

 

自動契約機での手続きをもっとスムーズにしたいなら、事前にネットで申し込みまで済ませておき、自動契約機に足を運んで契約をしましょう。
自動契約機で1から申し込みを始めるよりも契約までが早く済みます。

 

三井住友銀行のローン契約機でもカードの受け取りが可能

先ほども少しだけ触れましたが、実は、三井住友銀行の店舗内に設置されている、ローン契約機でもプロミスのローンカードの受け取りができます。

 

【プロミス店舗別受付時間】

店頭窓口 平日10〜18時
自動契約機 9〜22時(土日祝含む)

三井住友銀行ローン契約機※

9〜21時(土日祝含む)

※一部、ローン契約機が設置されていない店舗があります。また、一部店舗では受付時間が異なります。
※12月31日については、受付時間が変更となる場合があります。

 

三井住友銀行のローン契約機の営業時間ですが、↑の表で触れたとおり、9〜21時(土日祝日OK)までです。

 

しかし、三井住友銀行の店舗内に設置されている、ローン契約機でもプロミスのローンカードの受け取りができます。

 

ただ、ローン契約機で新規の申し込みは受付できません。
三井住友銀行のローン契約機でカードの受け取りがしたい場合は、必ず事前にネットまたはプロミスコールで申し込みをしておきましょう。

 

三井住友銀行なら、店舗数も多いですし場所を知っているという方も多いかと思います。

 

これに関しては、プロミスならではのアドバンテージといえるのではないでしょうか。

 

目次に戻る

 

プロミスで即日借りられない申し込み方法は?

プロミスの申し込み方法の中で、どうしても即日融資を受けることができないのは、

 

・郵送での申し込み

 

・プロミスコールでの申し込みで書類・ローンカードを郵送で受け取る場合

 

となります。

 

郵送の場合は書類を取り寄せるのにまず時間がかかってしまいますし、申込書がプロミスに届くまでにまた時間がかかってしまいますよね。

 

プロミスコールでの申し込みで書類、ローンカードを郵送で受け取る場合、審査後に契約書類に記入し、必要書類を添えて返送しなければなりません。
この場合、プロミス側が書類を受領し、審査承認後にカードが到着してから借り入れが可能になります。

 

なので、プロミスで即日融資をしたい人は、インターネット申し込みをすることをおすすめします。
インターネット申し込みなら手軽にできますし、振込とカード、どちらか自分に合った借り方が選べるため、かなり便利です。

 

自動契約機で申し込みをする方法もあるのですが、やはり、事前にインターネット申し込みを済ませておくと、あらかじめ契約に必要な書類を把握することができるし、契約もスムーズに進みます。

 

目次に戻る

 

プロミスの申し込み方法を解説

eyecatch

ここまでプロミスで即日融資を受ける方法について解説してきましたが、これからそれぞれの申し込み方法について、詳しく説明していきます。

 

プロミスで即日融資を受けるための、申し込み手順をイメージしてもらえたらと思います。

 

【プロミス申し込み方法別受付時間】

ネット 24時間365日
プロミスコール

9〜22時(土日祝含む)

郵送 書類到着次第いつでも
店頭窓口 平日10〜18時
自動契約機 9〜22時(土日祝含む)

 

↑こちらは、申し込み方法別の受付時間一覧です。
先ほども述べた通り、方法によって受付時間が異なるので、即日融資を受けたい場合には注意しましょう。

 

パソコンやスマホ、携帯電話でのネット申し込みの場合

パソコンやスマホ、携帯電話からのネット申し込みの場合、24時間365日受付しています。

 

graph

申し込み時に、WEBでの契約・来店での契約のいずれかを選択します。

 

来店で契約する場合には、その場でローンカードの受け取りが可能です。

 

WEBでの契約を選択した場合、審査結果が通知されたあと、カードあり・なし(WEB完結)を選択し、カードありの場合は郵送でカードを受け取ります。
カードありの場合でも、プロミスインターネット会員サービスからの振込キャッシングを利用できます。

 

カード無しを希望した場合には、Webだけで申し込みが完結し、郵送物なしで契約ができます。

 

また、カード無しの契約をした場合には、借り入れは指定口座へのプロミスインターネット会員サービスからの振込キャッシングという形で行います。

 

プロミスコール(電話)での申し込み

受付可能時間は9時〜22時。(土日祝日OK)

 

審査に必要ないくつかの質問をされた後、通常30分〜1時間程度で審査結果が通知されます。

 

来店で契約する場合には、その場でローンカードの受け取りが可能。
契約書類とローンカードは郵送で受け取ることも可能です。

 

電話での申し込みはパソコンやスマホ、自動契約機などの操作が面倒だという方におすすめです。
電話番号は、フリーダイヤル0120-24-0365、女性専用ダイヤルは0120-86-2634となっています。

 

郵送での申し込み

インターネットやプロミスコール、店舗などで申し込み用紙を取り寄せ、必要事項を記入して、本人確認書類などの必要書類とともに郵送します。

 

申込書がプロミスに到着した後に審査結果が通知され、契約書類とローンカードが郵送されます。
ATMでの借り入れのほか、希望をすれば口座への振り込みをしてもらうこともできます。

 

来店・自動契約機での申し込み

店頭窓口または自動契約機で申し込みを行います。

 

自動契約機は9時〜22時(土日祝日OK)、店頭窓口は平日10時〜18時までとなっています。

 

店頭窓口、自動契約機どちらもその場でカードを受け取ることができます。

 

目次に戻る

 

まとめ

eyecatch

プロミスで即日融資を受けられる時間帯ははお分かり頂けたでしょうか。

 

ネット申し込みの場合には振込での融資、店頭窓口・自動契約機での申し込みの場合は、その場でローンカードを受け取ってATMでの借り入れとなります。
それぞれの即日融資が受けられる時間帯は先ほどお話した通りですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次に戻る

 

プロミス在籍確認は会社に電話連絡なし?のトップページへ戻る

関連ページ

プロミスはインターネット、自動契約機、来店契約、申込みで一番融資スピードが早いのはどれ?
この記事ではプロミスの申込み方法について解説しております。インターネット、自動契約機、来店契約など、申込み方法が複数あるプロミスですが、どの申込み方法にするか決めかねている方はぜひご参考にしてください。
プロミスの注意点。申込み・借入・増額・返済まで一通りやって感じたこと
プロミスを利用する上での注意点を申込み・借入・増額・返済それぞれについて一通り解説します。プロミスの申込み・借入・増額・返済それぞれにどんな注意点があるのか、一通りやってみて感じたことを紹介していきます。
プロミスのカード郵送はどれくらいで自宅に届く?カード郵送時間(期間・日数)を教えて!利用明細書は家に届くの?
当記事では、プロミスにおけるカードや利用明細書の郵送について解説しております。カード郵送時間(期間・日数)や利用明細書が家族に見られないか心配という方は、ぜひこちらの解説をご参考にしてください。
プロミスの振込キャッシングサービス『瞬フリ』なら三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日いつでも振込できるって本当?
この記事では、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの振込キャッシングサービス『瞬フリ』について解説しております。24時間365日いつでも振込ができるプロミスのサービスに興味があるのでしたら、ぜひご覧ください。
家族バレなしのカードローンを探している人必見!プロミスはカードレスでキャッシングが可能!
この記事では家族バレなしで利用できるカードローンを提供しているプロミスについて解説しております。カードレスでキャッシングがご利用頂ければ家族バレなしで利用できますので、ぜひご利用を検討してみてください。
プロミスはセブン銀行(セブンイレブン)、ローソン、ファミリーマート(ファミマ)、サンクス、ミニストップ、セイコーマートでも借入・返済はできるの?手数料は無料なの?
当記事ではプロミスのATM借入・返済について解説しております。セブン銀行、ローソン、ファミリーマート、サンクス、ミニストップ、セイコーマートのATMでの借入・返済を検討している方は、ぜひご参照ください。
プロミスは土日でも全部できる。休日の契約・融資・審査・増額・返済
プロミスの土日・休日の契約・融資・審査・増額・返済について解説します。プロミスの契約・融資・審査・増額・返済が土日にできるかどうか、気になっている方はぜひご参考ください。
プロミスは年末・年始の借り入れ・増額・返済は可能か?
SMBCコンシューマーファイナンス・プロミスは年末・年始も借り入れ・増額・返済が可能かどうかについて解説します。年末・年始にプロミスの借り入れ・増額・返済をしようと考えている方はぜひご参考ください。
プロミスの自営者カードローンのスペック・審査と必要書類を解説
プロミスの自営者カードローンのスペック・審査・必要書類を解説します。プロミスの自営者カードローンについて気になっている方は、スペック・審査・必要書類を確認したうえで、ご利用を検討ください。
プロミスのおまとめローンで他社借り入れを借り換えるメリット・デメリット