このエントリーをはてなブックマークに追加

プロミスのおまとめローンでの借り換えは本当にお得?

数社のカードローンを使用している場合、つまり、いくつかの会社にお金を借りている場合、バラバラの返済日・金利で、

 

「あれ?今、一体、どのくらいの借金があるんだろ?」
「あっ、今日返済日なのに、お金を振り込むの忘れてた!」

 

と管理が難しくなりますよね。

 

そんな時に便利なのが、借り換えローンです。

 

三井住友銀行グループのプロミスでは、複数社に渡り借り入れをしているローンを一本化して借り換えるための「おまとめローン」という商品を提供しています。

 

今回は、プロミスの「おまとめローン」の基本的な内容や特徴を解説していきます。
プロミスのサービスについて知りたいという人は、プロミスの在籍確認の項目で、かなり詳しく語っているのでこちらも参考にしてみてください。

 

プロミスおまとめローンのスペックを見てみよう

 

まずはこのプロミスの「おまとめローン」とは、一体どのような商品なのか、基本となるスペックをご紹介していきます。

 

【プロミスのおまとめローンのスペック】

金利 6.3%〜17.8%
借入限度額 300万円まで
遅延利率 20.0%
返済方式 元利定額返済方式
返済期日 5日、15日、25日、末日の中から選べる
返済期間・返済回数 最終借入後最長10年・1回〜120回
資金使途 借入金の返済のみ
借り換え対象ローン 消費者金融・クレジットカードなどの借入
担保・保証人 不要

※プロミスのおまとめローンの返済期日は、三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替による返済を希望する場合は、返済期日は5日になる。
※借り換え対象となるローンは、銀行のカードローンやクレジットカードのショッピングを除く

 

↑の表からも分かりますが、少しだけプロミスのおまとめローンについて解説してみます。

 

まず、プロミスのおまとめローンは、最高利用限度額は300万円となっています。
申し込みの際に、現在の他社借り入れ状況の申告・希望の契約額を申告することが必要です。
この希望の範囲内で、審査により決定した金額が利用限度額となります。最高でも300万円です。

 

重要なポイントとなる利率ですが、実質年利6.3%〜17.8%です。
最高金利は、特別高いということもありませんが、特別低いということもありません。
ただ、最低金利に関しては、同じような借り換え系のローンの中では低い方に分類されるでしょう。

 

返済期間や返済回数に関しては、契約時の希望やプロミス側との相談の上で決めることができます。
無理のない金額で、確実に返済を続けていくことが重要となってきます。
最長で10年・回数に置き換えると120分割として契約を結ぶことが可能です。

 

申し込み条件としては、プロミスの一般向けフリーローンと同じく『20歳以上65歳以下で、本人名義の安定した収入が証明できる方』となっております。雇用体系に制限はなく、パート・アルバイト・派遣社員などでも契約を結ぶことは可能です。
また、主婦や学生の方であっても、本人名義の一定の収入があれば申し込みできます。

 

当たり前といえば当たり前かもしれませんが、
おまとめローンの資金使途は「他借り入れ先の返済に限る」と限定されています。
他社からの借り入れをまとめるというこの「他借り入れ先」には、対象となるローンと対象外となるローンがありますので注意が必要です。

 

プロミスおまとめローンの借り換え対象となるのは『消費者金融・クレジットカードでの無担保ローンとしての借り入れ』に限定されています。
簡単に言うと、『他の消費者金融のカードローン・各種クレジットカードのキャッシング機能』で借りているものをまとめるために使えますよ、ということになります。
つまり、銀行のカードローン・クレジットカードでのショッピング機能などは対象外となるのです。

 

借り換えローンの資金は、返済以外に使えるの?

 

このプロミスのおまとめローンにも弱点があります。
弱点というか、用途が限られています。

 

プロミスのおまとめローンは、『他金融機関からの借り入れを返済すること』と限定されていますので、返済以外には使用することができません。
そのため、一部は返済して一部は生活費として使用するといったことはできないのです。

 

プロミスのおまとめローンの借入の流れを説明すると、
まず、仮にA・B・Cの3社に借金があるとして、その人がプロミスおまとめローンを契約します。
次に、プロミス側が、A社・B社・C社の借入に対して一括で返済を行います。(振込手数料などはプロミス負担)

 

それによって、利用者は、いままで月にA社、B社、C社の3社に返済をしていたところ、プロミスへ返済するだけでOKとなるのです。

 

これは、プロミスのおまとめローンだけではありません。
他社の借り換えローンも同じ仕組みです。

 

上記の仕組みからわかるように、借り換えローンは契約を結んでも手元に現金が入ってくることはありません。

 

 

プロミスおまとめローンの、申し込みから借り入れまでの手順

 

近年では、消費者金融や銀行ローンなど金融機関に関する申し込みはインターネットが主流となっています。
しかし、このプロミスおまとめローンはインターネットからの申込受付は行っていないので注意が必要です。

 

全国にあるプロミスの店頭窓口もしくは、自動契約機での申し込みが必要となります。
この際に、本人確認書類・収入証明書類が必要となり、契約できるか否か、その場で審査結果を知ることができます。

 

契約を結ぶことができた後は、契約時に決めた金額をプロミスに返済していく流れとなります。

 

返済方法は、インターネット返済・口座振替・店頭窓口・プロミスATM・コンビニ振込の中から自分の好きな方法を選択することができます。
基本的には、どれも手数料がかからずに返済をすることができるので非常に便利です。
(プロミスの専用ATMではなく、提携金融機関のATMを使用した場合・自分の銀行口座からプロミスの口座に振込み返済をした場合などには別途利用手数料が発生するケースがあります。)

 

ボーナスなどの臨時収入があった際には、いつもの返済額に追加して返済を行うことも可能です。
その際は、プロミスのコールセンターや店頭窓口に相談してみましょう。

 

プロミスのおまとめローンの審査は甘いか厳しいか

審査の難易度に関しては、審査通過率というデーターは公表されています。
しかし、これは、おまとめローンに限定されたものではありません。

 

あくまで、プロミスのカードローン(フリーキャッシング)も含め、プロミスへ申込をした人全体の審査通過率となります。
プロミスのカードローンの審査通過率は44%前後となっています。
そのため、半数以上が審査を通過できずに、借入ができないという結果となっているのです。

 

おまとめローンでは、他社の借り入れを一本化するため、必然的に希望融資額が高額になります。そのため、一般のカードローンよりも難易度は高くなることが予想されます。

 

しかし、これはプロミスに限ったことではありません。
他の消費者金融の借り換え系ローンも、金額が高額になること・毎月の返済に困窮して借り換えを行う人が多いことなどから、一般のカードローンよりも慎重な審査が行われることが一般的なのです。

 

おまとめローンの場合は電話での在籍確認はある?

インターネットなどでの、各金融機関の口コミや豆知識などを見ていると「プロミスは在籍確認の電話をパスできる」という内容を多く見かけます。

 

プロミスのおまとめローンの審査についても、電話での在籍確認は、非常に重要なポイントです。
プロミス側としても、返済能力のない人にはお金を貸したくありませんので、返済能力を確かめるためにもきちんとした職に付いているのか・勤務地の申告は嘘でないのかを見極める必要がでてきます。

 

そのため、おまとめローンであっても基本的には在籍確認の電話はあると考えておきましょう。
もちろん、在籍確認の電話で「プロミスで借金を一本化するため」というプライベートな内容がバレてしまうことはありません。
プロミスにも顧客の個人情報を守る義務がありますので、口を滑らせるということは絶対にありませんので、そこは安心していいと思います。

 

プロミスの在籍確認については、トップページで詳しく書いているので、もっと詳しく知りたい人はそちらを参考にしてみてください。

 

職場の環境によっては、個人宛に電話がかかってくることが少なく、電話があると不自然な人もいるでしょう。
その場合、会社に電話連絡があると、何かローンを組もうとしていることがバレやすいという人もいますよね。

 

そのような場合は、なにか別の方法で在籍確認を行うことはできないのか、とプロミスの担当者に相談してみると良いでしょう。

 

特に、今回ご紹介しているプロミスのおまとめローンは、店頭や契約機のみでの申し込みとなる為、直接そのような意見をプロミス側に伝えることができます。

 

借りる金額が大きいため、審査の難易度は、おまとめローンの方が厳しいです。
その点からも察することはできると思いますが、審査を慎重に行わなければならないおまとめローンでは、在籍確認はきっちりと行われます。

 

通常のカードローンであっても、基本的には在籍確認の電話は必須とされています。
(もちろん、プロミス以外の消費者金融でも同じような対応をしているでしょう。)

 

ですが、プロミスの担当者は、顧客が誰にも内緒で借りたい、できればお金を借りることを誰にも知られたくない、という顧客の事情は理解しています。
在籍確認の会社への電話連絡は、慎重に配慮した上で行われるので、職場の同僚や上司にバレて気まずい思いをする心配はないでしょう。

 

プロミスおまとめローンで借り換えを行うメリットとデメリット

プロミスのおまとめローンのメリットとしては、借金の明朗化が挙げられます。

 

数社から借り入れを行っていると、返済日・金利・毎月の返済額すべてがバラバラで管理するのが大変です。
おまとめローンで1つにまとめることで、自分の金銭状況が把握しやすくなることは間違いありません。

 

いままで返済に遅れを生じさせていたという方も、1回の返済にまとまることで無理なく継続的に返済を行えるようになるでしょう。
一本化されることで、残高が一目でわかるようになります。
なんとなく請求がきた金額をただ支払っていたという場合よりも、「借金が減ってきている」という実感が沸きやすく、完済という目標に向かって進んでいけるのではないでしょうか。

 

しかし、注意していただきたいのが『お得になる場合と、そうでない場合がある』という点です。
先ほどの例のように、3社から借り入れをしておりそれぞれ毎月5000円の返済をしていたとします。

 

金利が安い借り換えローンで、今までと同じ様に毎月15000円を返済していたとすれば、金利の差額分お得に返済することができ、管理もしやすくなりメリットしか生まれません。
しかし、毎月15000円の返済が厳しい・毎月の返済に充てる額を少なくしたいということで、返済額を10000円に設定したとします。

 

すると、返済額が月5000円×3社で15000円だったところ、借り換え後は10000円と毎月の負担は軽くなります。
しかし、減額したことで完済までにかかる期間が伸び、せっかく金利が安いところで借り換えを行ってもトータルで見ると、総返済額が増えていて、損をしてしまうケースがあるのです。

 

「金利が安いところで借り換えを行えば、必ずお得になる」というのは毎月の返済額の設定により異なってきますので、しっかりとシミュレーションを行った上で借り換えを行いましょう。

 

このメリット・デメリットは、プロミスのおまとめローンだけに限らず、借り換えを目的としているローン全体に対して言えることです。借金の一本化を検討されている場合は、しっかりと借り換え後のシミュレーションを行い現在の状態と比較することが大切です。

 

プロミスのおまとめローンに限定した内容でいくと、特に大きな特徴がない点がメリットであり、デメリットにもなっているのではないでしょうか。

 

他社の借り換えプランでは、追加の借り入れが可能・銀行やクレジットカードでの借り入れもおまとめの対象・最高限度額が非常に高い・金利が非常に低いなど、各社それぞれ独自の強みを持っています。
プロミスのおまとめローンは、上記のような特別な切り札的特徴がなく、まさに可もなく不可もない借り換えローンとなっています。
プロミスで借金を一本化したことで、特別大きな損失となることはありませんし、だからといって抜群にお得になるのかというとケースにもよりますが大きな差は生まれないことが多いでしょう。

 

しかし、三井住友銀行グループの消費者金融である点・プロミスの知名度の高さなどから得られる安心感・信頼感はメリットとして捉えることができるのではないでしょうか。
また、提携のATMが全国各地にあることから、転勤や出張などがあった場合でも返済に支障が出ないこともメリットの一つであると言えるでしょう。

 

プロミスのおまとめローンの≪まとめ≫

一般的なフリーローン・カードローンと比べて、申し込み方法や借り換えできるローンに制限があるなど少しハードルが高いイメージがある借り換えローンですが、内容はご理解いただけましたでしょうか?

 

プロミスのおまとめローンは、通常のカードローンよりも申し込みに対して制限や規約が多い分、インターネットでの受付を行っていないものと考えられます。
利用を検討している人は、プロミスコールと呼ばれるプロミスのフリーコールセンターがありますので、自分がおまとめローンの契約を結ぶ対象となっているか・まとめることでどのくらいお得になるのかといった相談をしてから契約を結ぶようにすることをおススメします。

 

プロミス在籍確認は会社に電話連絡なし?のトップページへ戻る

関連ページ

プロミスはインターネット、自動契約機、来店契約、申込みで一番融資スピードが早いのはどれ?
この記事ではプロミスの申込み方法について解説しております。インターネット、自動契約機、来店契約など、申込み方法が複数あるプロミスですが、どの申込み方法にするか決めかねている方はぜひご参考にしてください。
プロミス即日融資は何時までなら借りれる?今日借りる方法
プロミスの即日融資は、当日何時までなら借りれるのでしょうか。当記事では、今日借りる方法を紹介します。プロミスの即日融資について、何時までなら借りれるのか、今日借りる方法を知りたいという方はぜひご参考ください。
プロミスの注意点。申込み・借入・増額・返済まで一通りやって感じたこと
プロミスを利用する上での注意点を申込み・借入・増額・返済それぞれについて一通り解説します。プロミスの申込み・借入・増額・返済それぞれにどんな注意点があるのか、一通りやってみて感じたことを紹介していきます。
【即日】プロミス無人契約機で今すぐカード発行する方法
プロミスの無人契約機で、即日カード発行する方法を解説します。急な出費でお金が必要になった方は、この記事を読んでプロミスの自動契約機で即日借入してみてはどうでしょうか。
プロミスのカード郵送はどれくらいで自宅に届く?カード郵送時間(期間・日数)を教えて!利用明細書は家に届くの?
当記事では、プロミスにおけるカードや利用明細書の郵送について解説しております。カード郵送時間(期間・日数)や利用明細書が家族に見られないか心配という方は、ぜひこちらの解説をご参考にしてください。
プロミスの振込キャッシングサービス『瞬フリ』なら三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば24時間365日いつでも振込できるって本当?
この記事では、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの振込キャッシングサービス『瞬フリ』について解説しております。24時間365日いつでも振込ができるプロミスのサービスに興味があるのでしたら、ぜひご覧ください。
家族バレなしのカードローンを探している人必見!プロミスはカードレスでキャッシングが可能!
この記事では家族バレなしで利用できるカードローンを提供しているプロミスについて解説しております。カードレスでキャッシングがご利用頂ければ家族バレなしで利用できますので、ぜひご利用を検討してみてください。
プロミスはセブン銀行(セブンイレブン)、ローソン、ファミリーマート(ファミマ)、サンクス、ミニストップ、セイコーマートでも借入・返済はできるの?手数料は無料なの?
当記事ではプロミスのATM借入・返済について解説しております。セブン銀行、ローソン、ファミリーマート、サンクス、ミニストップ、セイコーマートのATMでの借入・返済を検討している方は、ぜひご参照ください。
プロミスは土日でも全部できる。休日の契約・融資・審査・増額・返済
プロミスの土日・休日の契約・融資・審査・増額・返済について解説します。プロミスの契約・融資・審査・増額・返済が土日にできるかどうか、気になっている方はぜひご参考ください。
プロミスは年末・年始の借り入れ・増額・返済は可能か?
SMBCコンシューマーファイナンス・プロミスは年末・年始も借り入れ・増額・返済が可能かどうかについて解説します。年末・年始にプロミスの借り入れ・増額・返済をしようと考えている方はぜひご参考ください。
プロミスの自営者カードローンのスペック・審査と必要書類を解説
プロミスの自営者カードローンのスペック・審査・必要書類を解説します。プロミスの自営者カードローンについて気になっている方は、スペック・審査・必要書類を確認したうえで、ご利用を検討ください。