プロミスは金利引き下げ交渉について解説

 

プロミスは年4.5%〜17.8%という金利設定ですが、最初はやはり最高金利からのスタートとなります。

 

ですが、金利引き下げ交渉をして、徐々に金利を低くしてもらうことは可能となっているのです。

 

そこで、当記事ではSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの金利引き下げ交渉をどうすすめるべきなのかを解説します。

 

金利を引き下げてもらえれば、当然のことながら利息負担が減り、お得になりますので、ぜひプロミスの利用をご検討ください。

 

さて、プロミスですが、金利引き下げ交渉をするといっても、直接金利の引き下げをお願いするわけではないのです。

 

金利の引き下げを行うためには、同時に増額を申請するというのが通例です。

 

何故ならば、プロミスは借り入れ限度額が高くなれば高くなるほど、金利についても引き下がっていきます。

 

つまり、金利引き下げをしていくのでしたら、借入限度額についても高めていく必要があるのです。

 

そのためには、借り入れ限度額の増額を行う必要がありますが、その増額は会員ページから申請することができます。

 

金利引き下げ交渉をしようと検討している方は、プロミスで増額することも検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

プロミスで金利引き下げをするために

 

さて、上記でも述べましたように、金利引き下げを行うためには、借り入れ限度額についても増額する必要があります。

 

その借り入れ限度額ですが、増額審査に通過しないと増額できませんので、増額審査を受けることになるのです。

 

ただ、増額審査は初回申し込み時の審査よりも厳しい審査となるため、注意必要です。

 

借り入れ限度額を増額し、より高額な融資をするのですし、金利も引き下げるのですから、プロミスとしても信用のおける人物以外は増額審査に通過させません。

 

そのため、プロミスからの信用を得ていないと増額審査に通過できませんので、信用される人物になっておきましょう。

 

キャッシング業界において、「信用される人物」とは、きちんとした返済を積み重ねているという人物を指します。

 

逆に、返済の延滞を繰り返している人物は「信用できない人物」として危険視されてしまいます。

 

返済の延滞を繰り返しているだけで増額審査や金利引き下げなどは行えなくなってしまいますので、返済はきちんと行いましょう。

 

SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは返済システムも便利になっており、特に返済サービス『口フリ』が便利です。

 

『口フリ』とは口座振り替え返済サービスの名称ですが、あらかじめ銀行口座を指定しておけば、その口座からプロミスの口座に返済金が自動振り替えされるサービスとなります。

 

つまり、全く返済のために手続きなどを行う必要がなくなりますので、返済をうっかり忘れてしまうなんてミスとは無縁でいられるのです。

 

金利引き下げのためには増額審査に通過する必要があり、増額審査に通過するためには良好な返済実績が必要となります。

 

そして、返済実績に関しては返済サービスがプロミスは充実しており、返済実績を良好な状態に保ちやすくなっているのです。

 

プロミスで金利引き下げができれば、よりお得に利用していけますので、ぜひ返済実績は良好な状態を保っておいてください。

 

プロミス在籍確認は会社に電話連絡なし?のトップページへ戻る

 

関連ページ

プロミスの無利息サービス(金利ゼロ)あるのは本当?期間は何日?
当記事ではプロミスの無利息サービス(金利ゼロ)が本当にあるのか否かという疑問にお答えしております。無利息サービスを利用したい方向けに、期間の説明などもしておりますので、ぜひご参照ください。
プロミスは初回キャッシングなら無利息期間30日という金利ゼロサービスがあるのは本当?
この記事では初回キャッシングにおいて30日間の金利ゼロサービスがあるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスについて解説しております。金利サービスがあってお得なプロミスの利用を検討している方はぜひご参照ください。