このエントリーをはてなブックマークに追加

時効援用でプロミスの借金を無かったことにしたい!弁護士に相談すべき?

アイキャッチ

プロミスから5年以上前に借金をしたけれど、まったく返済できていない。
このまま、この借金を時効にできたら......

 

そのように思っている人もいるかもしれません。

 

確かにプロミスの借金は、最終返済日の翌日から5年経っていれば時効にできる可能性があります。

 

ただし、5年経てば自然に借金が消滅するわけではなく、「時効援用」をすることが必要となってくるのです。

 

そこでこちらでは、時効援用でプロミスの借金を無かったことにする方法などについてお話していきます。

プロミスの借金を無かったことにしたいなら「時効援用」できるかどうか確認を

アイキャッチ

 

「プロミスの借金、無かったことにならないかな......」
「でも、そんなの無理に決まってるだろうな。」

 

プロミスの返済が苦しい人の中には、そのように思っている人も多いかと思います。

 

しかし、5年以上プロミスに返済していないという場合、もしかしたらプロミスからの借金を「無かったことに」できるかもしれません。

 

しかし実は、借金にも「時効」が存在します。
事件の時効なら知っているという人も、借金に時効があったことは知らなかったかもしれませんね。

 

借金の時効は、5年のものと10年のものがあります。
簡単に説明すると、営利目的でお金を貸している場合は商事債権とロなり5年の時効、営利目的ではない場合には民事債権となり、10年の時効となります。

 

プロミスの借金の時効は「5年」

つまり、銀行や消費者金融などからの借金の場合には5年で時効ということになりますから、プロミスからの借金の場合も5年で時効です。

 

時効期間の起算日は、基本的には最終の返済の翌日からとなります。

 

ですから、最後の返済を行った次の日から5年が経過しているならば、プロミスからの借金が無かったことになる可能性があるわけです。

 

「時効の援用」を行う必要がある

アイキャッチ

最終の返済から5年で時効ならば、自分の借金はもうすでに消滅しているのではないか? と思った人もいるかもしれませんね。

 

しかし、ただ5年が経過しただけでは時効はまだ成立していないのです。

 

ここで必要なのが「時効援用」です。
簡単に説明すると、「もうこの借金は時効ですよ」ということをプロミスに宣言するのが時効援用です。

 

この時効援用を行うまでは、時効の期間が経過していてもプロミス側は返済を請求することができます。

 

目次に戻る

 

プロミスの借金を時効援用するなら弁護士に相談するのが安全

アイキャッチ

時効援用を行えばプロミスでの借金が無かったことになる可能性があると言っても、何をどうしたらいいかさっぱりわからないという人も多いと思います。

 

いつ最終の返済を行ったのかもあまり良く覚えていないし、どうやって時効援用をプロミスに伝えたらいいのか分からないという状態ではないでしょうか。

 

そのような状態で時効援用を行っても、失敗してしまう可能性が高いです。
こちらがよく理解していないのをいいことに、うまく丸め込まれてしまう危険もあるでしょう。

 

失敗したら結局借金は全て返済しなければなりません。

 

もちろん、自分で借りて延滞をしていたお金ですから返済をするべきではあるのですが、既に時効できちんと時効援用が成功すれば返済しなくて良くなるお金だとしたら、できれば無かったことにしたいというのが本音でしょう。

 

ですからやはり、プロミスに時効援用を行う際には弁護士などの専門家に相談したほうが確実です。

 

プロミスの借金を時効援用するための弁護士費用ってどのくらい?

アイキャッチ

時効援用を確実に行うために弁護士に依頼をするとき、一番気になるのは弁護士費用のことだと思います。

 

弁護士費用は法律事務所のホームページなどを見てもはっきりと分からないこともあります。

 

各弁護士によって費用はだいぶ異なりますし、例えば着手金ははっきり書かれていても、そのほかに成功報酬などがかかる場合もあります。

 

弁護士に依頼をするなら、あらかじめかかる費用のすべてを事前に確認しておく方が良いでしょう。

 

一般的には弁護士に依頼をすると3万円〜5万円からとなっていますが、そのほかに費用がかかる可能性があると思っておきましょう。

 

目次に戻る

 

プロミスの借金を時効援用するなら司法書士に相談も

アイキャッチ

プロミスへ借金の時効援用を行いたいけれど、やっぱり自分一人でするのはリスクが大きすぎると感じる人も多いと思います。

 

でも弁護士は費用が高くなりそうで怖いし、いったいどうすればいいの? と困ってしまいますよね。

 

プロミスへの時効援用に関して専門家に相談したいけれどあまりお金はかけたくないという場合には、弁護士ではなく司法書士に相談するという手もあります。

 

司法書士(しほうしょし)とは、司法書士法に基づく国家資格であり、専門的な法律の知識に基づき登記及び供託の代理、裁判所や検察庁、法務局等に提出する書類の作成提出などを行う。

また、法務大臣から認定を受けた認定司法書士は、簡易裁判所における民事訴訟、民事執行、民事保全、和解、調停などにおいて当事者を代理することができる。

出典元:Wikipedia:司法書士https://ja.wikipedia.org/

 

法律関連のプロである点において、弁護士と司法書士は同様ですが、弁護士と比較して、司法書士は扱える業務範囲が限られてきます。

 

司法書士への相談は弁護士への相談に比べて安価

そのため、司法書士(法務事務所)の方が弁護士に相談をするよりも費用が安く済むことが多く、弁護士に相談するのに比べて費用が明確に分かりやすいというメリットがあります。

 

時効援用を依頼する司法書士を選ぶ時には、借金問題に強い司法書士事務所・法務事務所を選ぶようにしましょう。
(法律事務所は弁護士が在籍する事務所ですが、法務事務所は弁護士ではなく司法書士が営む事務所です)

 

相談は無料で行える法務事務所も増えていますから、まずは気軽に相談をしてみるのも良いかもしれません。

 

司法書士との相性もありますから、複数の法務事務所で無料相談をしてみて、信頼できそうなところを選ぶのも良いでしょう。

 

目次に戻る

 

プロミスへの時効援用を自分で行う場合は?

アイキャッチ

プロミスへの時効援用は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼した方が確実です。

 

しかし、自分では絶対に行うことができないというわけではありません。

 

やり方をきちんと理解していて時効の期間も確実に経過しているならば、自分で行うことも可能です。

 

「消滅時効援用通知書」を内容証明郵便で送る

プロミスに時効援用を行うためには、「消滅時効援用通知書」をプロミスに送付する必要があります。

 

これは、「時効の援用を行います」ということをプロミスに通知するためのものです。
これが受理されれば、時効が成立します。

 

消滅時効援用通知書を送る際には、内容証明郵便でプロミスに送付しましょう。
内容証明郵便を使えば、プロミス側も「受け取っていない」という言い訳ができなくなりますから、確実に時効援用を通知することが可能です。

 

プロミスへの時効援用を自分で行うと失敗のリスクが大きい

アイキャッチ

自分では最終の返済日の翌日から確実に5年以上経っていると思っていても、実は記憶があいまいでまだ時効期間が経過していなかった場合には、時効援用は失敗に終わります。

 

また、後程お話する「時効の中断」に該当する事由に該当する場合には、時効期間がリセットされ時効援用に失敗してしまいます。

 

あと少しで時効だったのに失敗してしまった......などということになると、ショックが大きいですよね。

 

自分で行うのに比べて費用がかかったとしても、専門家に依頼して確実に時効援用を成功させた方が結果的には得をすることになるはずです。

 

目次に戻る

 

プロミスの時効援用を行う際には「時効の中断」に注意

アイキャッチ

先ほどから何度か「時効の中断」という言葉が出てきているのが気になっている人もいると思います。

 

お察しの通り、時効期間の進行はある事由によって中断してしまうことがあります。

 

中断というと、一度中断してそこからまたカウントされると思ってしまいますが、実際には時効が中断するとまたふりだしに戻り、そこから5年(場合によっては10年)経過しないと時効が成立しなくなってしまうのです。

 

時効が中断してしまう事由は

・裁判上の請求をされたとき
・債務者が債務を認めた時
・差し押さえ、仮差押え、仮処分

などが挙げられます。

 

裁判上の請求をされたとき

裁判上の請求を受けて判決を取られてしまうと、時効の期間は10年に伸びてしまうので注意が必要です。
出頭命令に応じない状態でも裁判自体は進行できるので、本人が知らないうちに判決を取られているケースもあります。

 

郵便の督促だけでは時効は中断しない

ここで知っておくべきなのは、「郵便による督促のみでは、時効の中断にはならない」という点です。

 

内容証明郵便で督促状が送られてきたとしても、その後半年以内に裁判をされない限り時効は中断となりません。

 

しかし、裁判所からの通知まで無視してしまうと、裁判を起こされたこと自体わからない状態で時効が中断してしまうので注意が必要です。

 

債務者が債務を認めた時

また、債務者が借金の存在を認めてしまうと、その時点で時効の進行はストップしてしまいます。

 

ただ単に借金の存在を認めるだけでなく、少しでも返済を行ってしまった場合にも、借金の存在を認めたとみなされてしまうので注意しましょう。

 

「今は返済できないけれど、いずれ返済する」などという発言も、借金の存在を認めたことになります。

 

時効の進行が中断しているかしていないか、自分で判断するのは非常に困難です。
やはり確実に時効援用を行うためには、時効の中断についても専門家に相談したいですね。

 

目次に戻る

 

プロミスに時効援用をするとデメリットはある?

アイキャッチ

プロミスの借金を時効援用で無かったことにできるなら、メリットしかないように感じますよね。

 

時効援用にはデメリットもあるのでしょうか。

 

時効援用のデメリットは?

最後の返済日の翌日から5年経てば時効が成立すると言っても、実際にはそう簡単ではありません。

 

・5年間もプロミスの請求から逃げて暮らさなくてはならない
・法的手続きにより、実は時効が成立していないケースがある
・延滞し続けるため、ローンやクレジットカードの利用ができない
・遅延損害金、利息が5年間で膨らむ

 

時効援用を試みることによって、これだけのデメリットがあります。

 

時効までの5年間は精神的にもつらいですし、仮に返済することになった場合(十分に考えられます)、借金は相当な額に膨らんでいるはずです。

 

 

(プロミスの督促状を無視し続けた場合について、↓の記事でも詳しく解説しています。)

 

プロミスの督促状を無視するとどうなる?

 

地道に返済していくことを考える方が現実的

 

「時効までの期間の生活が大変」
「ずっとブラックのまま、実際に時効が成立しているかどうかわからない」

 

などというデメリットがあることを考えると、やはりプロミスからの借金を時効援用で無かったことにしたいなどと考えず、地道に返済をしていった方がよほど現実的です。

 

プロミスの借金が時効になるまでまだ何年もあるという人は、時効援用を考える前に、このようなデメリットがある事を知っておきましょう。

 

 

(時効援用にどんなメリット・デメリットがあるのか、↓の記事でもっと詳しく具体的に解説しています。)

 

時効の援用のメリット・デメリット

 

目次に戻る

 

プロミスの借金を時効援用したら信用情報は消えるの?

アイキャッチ

借金を延滞してしまうと、その情報は信用情報機関に載ってしまいますよね。

 

それが解消するまでは、いわゆる「ブラック」と呼ばれる状態になっており、ローンやクレジットカードの審査に通りません。

 

そこで気になるのが、「時効援用を行ったら信用情報がブラックではなくなるのか?」という点ではないでしょうか。

 

時効になっている借金は時効援用をすれば返済しなくて良くなるというのなら、信用情報機関からもその情報は消えそうな気がしますよね。

 

実はこれに関しては、信用情報機関や時効援用を行った債権者(ここではプロミス)の対応によって変わって来ます。

 

JICCの場合、債権者が時効援用についてどう伝えたかによって「完済」と記録される場合と、その情報自体が消える場合があるようです。
CICの場合、「貸し倒れ」または「契約終了」などと記録されます。

 

JICC、CIC両方の情報を参照している金融機関も多いので、その場合はしっかりと記録を確認される形になるでしょう。

 

目次に戻る

 

プロミスの借金を時効援用で無かったことにしたら保証人はどうなる?

アイキャッチ

プロミスでの借金は保証人不要ですから、プロミスの借金に対する保証人はいないはずです。

 

しかし、プロミス以外の借金で保証人がいる場合、時効援用をすると保証人はどうなるのか、気になるところではないでしょうか。

 

主債務者が時効援用を行うと、保証人(連帯保証人)も借金を返済しなければならない義務が無くなります。

 

逆に、主債務者が裁判上の請求を受けてしまったり債務を認めてしまったり(返済をしてしまったり)すると、主債務者も保証人も時効の進行が中断してしまいます。

 

ただし、保証人が債権者に返済を行った場合には、保証人の時効は中断するものの、主債務者の時効は中断しません。

 

目次に戻る

 

プロミスの借金を時効援用で無かったことにしたいなら「アビリオ債権回収株式会社」からの連絡に注意

アイキャッチ

プロミスで借金をしている人の中には、「アビリオ債権回収株式会社」というところから連絡が来たことがあるという人もいるかもしれません。

 

いきなり連絡が来ると「こんなところで借金した覚えはない」と焦ってしまいますよね。

 

実はアビリオ債権回収株式会社はSMBCコンシューマーファイナンスの子会社で、債権回収を専門に行っている会社です。

 

アビリオ債権回収株式会社から連絡が来たということは、プロミスからアビリオ債権回収株式会社に債権譲渡が行われたということになるでしょう。

 

債権回収会社(サービサー)は取り立てのプロですから、何としてでも取り立てを成功させようとします。
最終的には裁判を起こされたり財産を差し押さえられたりしてしまう可能性がありますから、アビリオ債権回収株式会社から連絡が来たら無視をするのは危険です。

 

時効援用を行うのであれば、慎重な対応が必要

ただし、すぐにアビリオ債権回収株式会社に連絡をするのはちょっと待ってください。

 

安易に連絡をしてしまうと時効の中断を招くことがあるため危険です。
すでに時効期間が経過している借金についても、アビリオ債権回収株式会社から連絡が来ることがあるため注意が必要です。

 

相手は、時効の中断を狙ってさまざまな手を使ってあなたに借金の存在を認めさせようとしてきます。
場合によってはあなたに有利になるような条件で誘惑して来る可能性も考えられるでしょう。

 

それを魅力に感じてつられてしまうと、借金の存在を認めることとなり、時効の進行はそこでストップしてしまいます。

 

アビリオ債権回収株式会社から連絡が来た時には、無視するのも危険ですが、安易に自分から連絡を取ってしまうのもNGです。
速やかに専門家に相談してください。

 

目次に戻る

 

まとめ

アイキャッチ

時効援用でプロミスの借金を無かったことにする方法などについてお話してきました。

 

プロミスの借金は最終返済日の翌日から5年が経過していれば時効となりますが、実際に時効にするのは容易なことではありません。

 

一度でも返済をしてしまったり借金を認めてしまったりした場合には、その時点で時効の進行は中断しまたふりだしに戻ってしまいます。知らないうちに裁判を起こされていることもあるでしょう。
ですから、自分で時効援用を行うと失敗のリスクが高くなります。

 

また、アビリオ債権回収株式会社から連絡が来ている場合にも、自分で連絡を取ってしまうのは危険です。
借金の存在を認めることになり時効の中断が起こる可能性がありますから、弁護士・司法書士等の専門家に相談して指示を仰ぎましょう。

 

目次に戻る

 

プロミス在籍確認は勤務先に電話連絡なし?のトップページへ戻る

関連ページ

プロミスの返済方法について解説!一括返済は可能?返済が遅れたらどうなる?
この記事ではプロミスの返済方法など、返済に関する解説を記載しております。複数ある返済方法や一括返済、返済の遅れなどについて解説しておりますので、気になる方はぜひご参照ください。
プロミスの返済方法はコンビニ、振込?最低返済金額はどのくらい?返済が辛くて支払い遅れそうなのですが遅れたらどうなるの?
この記事ではプロミスの返済方法などについて解説しております。プロミスの返済方法や最低返済額、またプロミスの返済を延滞してしまうとどうなるかといった点が気になる方はぜひご参照ください。
プロミスで滞納・延滞したら生じる4つのデメリット
プロミスで滞納・延滞したときに生じる4つのデメリットについて紹介します。結論から言えば、プロミスの延滞・滞納をすることは極力避けた方が、後々の面倒なことを回避できるためおすすめです。
プロミスからの督促状を無視して起こった4つの悲劇
プロミスからの督促状を無視してしまった場合、どのような事態に陥るのでしょうか?当記事では、プロミスからの督促状を無視したことによって起こった、4つの出来事を紹介します。
SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのような消費者金融の借金は本人死亡した場合、夫や妻や両親、子どもが債務を支払わなければいけないの?
この記事ではSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスのような消費者金融で利用者本人が死亡してしまったケースについて解説しております。夫、妻、両親、子どもに債務の支払い義務が生じるか気になる方はぜひご参照ください。